経営課題の解決にフォーカス!
TAKUETSU-PLANT
Design Method

自社にとって最適なスマートファクトリーはどのような姿でしょうか?
ものづくりの専門コンサルタントが未来を担う次世代工場の作り方を伝授します。

JMACが提唱するスマートファクトリーコンセプト
「TAKUETSU-PLANT」

3つのExcellentで描くスマートファクトリー

圧倒的なものづくり競争力を実現するために

次世代工場スマートファクトリーで何を実現すべきか?

目指す状態は各社その置かれた環境に応じて、全く別のものとなります。
しかし、その根底にあるものは、圧倒的QCDレベルの実現、あるいは、市場への圧倒的付加価値提供の実現であり、この宿命的課題を一歩解決に導く手段が、昨今のデジタル技術革新です。

JMACでは、単にデジタル化された工場ではなく、「3つの視点」から自社にとってベストなスマートファクトリーをデザインします。
①Operation Excellent
②Physical Excellent
③Management Excellent

そして、従業員の変革にスポットを当て、一人一人の意識改革や組織の役割変革を促し、より強い企業へと成長させます(Change Mind/Change Role)

次世代工場が進むべき改革シナリオ
JMACスマートファクトリーイメージセル

ものづくり現場に必要な32の課題解決
スマートファクトリーの第1歩は自社が解決すべき経営課題を重点化することです。

自社にとって最適なものづくりの答えは、工場の中にあるとは限りません。
製造機能と関わる様々なプレーヤーに対して、「どのようなバリューを提供できれば優れた工場と言えるのか」を考えることが必要となります。

JMACでは、工場を取りまく4つのチェーン(Demand/Supply/Engineering/Service)から、自社にとって解決すべき経営課題を明確にします。

弊社コンサルタントが、この考え方に沿ってクライアントの経営課題を抽出し、次世代工場の改革シナリオとして整理したものが「JMACスマートファクトリーイメージセル」です。

32のシナリオの中から、自社にとっての重点セルを選択し組み合わせる事ができれば、それが自社にとっての「最適化された工場の姿」と言う事ができます。
目指すべき工場の姿を明確化したうえで、各セルを実現するためのデジタルツールを選択します。

デジタルツールありきではなく、自社が実現したいスマートファクトリーの姿をブレずに描くアプローチを重視します。

企画・コンセプト立案から、デジタルツールの実装、現場運用まで、
ワンストップでサポートします!

JMAC協業ネットワークの活用によりスマートファクトリーの実現をサポート
JMACは、スマートファクトリー構築を実現する強固なネットワークを有します。

・ソフトウェア(デジタルソリューションの選定・開発・実装)
  大手システムインテグレーター・各種システムベンダー
・ハードウェア(建屋建設/改修・自動化・ロボティクス活用)
  大手建設会社、エンジニアリング会社

スマートファクトリーの企画・コンセプトや目指す業務プロセス設計はもちろん、
これらを実現するデジタルソリューションの導入や建屋・設備の導入まで、
貴社のものづくり改革を全力で支援します。

担当コンサルタント

神山 洋輔

かみやま ようすけ
デジタル・イノベーション事業本部
スマートファクトリー推進室
室長
チーフ・コンサルタント

毛利 大

もうり だい
生産コンサルティング事業本部
プロダクション・デザイン革新センター
センター長
シニア・コンサルタント

毛利 大

もうり だい
生産コンサルティング事業本部
プロダクション・デザイン革新センター
センター長
シニア・コンサルタント

選ばれ続ける理由

JMACは日本初のコンサルティングファームとして、
1942年の創業以来ものづくりの復興・発展を支援し続けてきました。
年間2,750件に及ぶプロジェクト実績と歴史に裏打ちされた確かな信頼をベースに
貴社の要望に全力でお応えします。

お問い合わせはこちら

相談会実施中!
弊社サービスのご紹介、コンサルティング提案までは無料です。
まずは、お気軽にお問い合わせください。